住宅クレーム110番

投稿ページ続きです
J110 News

カーテン取り付けだけの問題?


<長野県千曲市・MMさん(42歳・男)>



 内装の仕上げもほぼ完成し、残りはカーテンのみとなったわが家でしたが、カーテンの施工業者が実にずさんで、ビス止めの場所を見つけようと針でブスブス壁を刺して、挙句の果て、取り付け位置が違ってしまい再度付け直し。わが家はプラスターの塗り壁ですよ。さらに、構造内は気密シートが張ってあるので、シートに穴が何ヵ所もあけられたことになります。こうなると、単にカーテンの取り付けだけの問題で片付けてよいのでしょうか。気密シートの穴あけに対する保証をどのように求めたらよいのでしょうか。



アドバイスいたします
住まいを科学する技術集団・新住協メンバー
須藤建設(株)
副社長 須藤芳巳


ホームページ:http://www.sudo-con.co.jp/

 カーテンの下地探し・レール付け替えによるプラスター塗り仕上げのことについては、程度問題で補修を考えるとして、気になされている気密のことについてお話ししたいと思います。
 高気密住宅の場合、基本的な考え方は内部気密・外部開放です。すなわち外壁の室内側を気密シートによって気密し、どうしても気密しきれない小さな穴(内部仕上げ材を打つ釘穴、電気BOXなど)から室内の空気が外壁内に入ったものは、外壁側にタイベック(外部からの防水性能があり、内部の空気は放出する)のようなシートを張り、通気層から小屋裏に上がり、棟・妻・軒裏換気口から外部に逃がすようにします。
 今回の住宅の気密レベルはわかりませんが、気密を上げるためには気密シート優先の構造(新在来木造工法)と先張りシート、ジョイントの押さえ、開口部周りの専用テープ、専用の気密コンセントBOXなどの気密工事と、換気システムによる換気口の開口の気密化、さらには気密レベルの高いサッシの設置などの工事が必要になってきます。
 自分の家の気密性能を知るために気密測定をぜひ行ってください。測定を行う中で上記のどの部分の隙間が多いか知ることができます。
 今回のカーテンレールのビス穴による気密欠損については、高気密住宅にあっても影響を及ぼさない範囲であり問題にはならないと思います。


J110 News

基礎と換気の工法について


<愛知県名古屋市・TTさん(会社員・38歳・男)>


 新築を検討中の者です。現在、最終候補に残っている建築メーカーの、特に基礎と換気の工法について、質問させてください。
 そのメーカーは、木造在来の外張り断熱工法で、断熱材は小屋裏・壁・基礎とも高性能フェノールフォームです。基礎内は、立ち上がり部分の内張りになります。換気は第1種の全熱交換で、小屋裏と1〜2階の3層換気です。そのうちの小屋裏に設置の全熱交換システムは、小屋裏内の空気を本体で室内吸気し、ダクトで外部に吸排気。熱交換後の室内排気を床下までダクトで運び、床下からは壁内に設けられた内部通気層(構造用合板と石膏ボードの間)を通って、小屋裏に回ってくるという換気通路です。

質問したいのは・・・、
1)基礎内は、新築後のおおむね1年ぐらいは、新しいコンクリートから湿気が多く放出されると聞きますが、高性能フェノールフォームは、湿気には弱いのではないでしょうか?
2)全熱交換は、湿気も交換するそうですが、基礎と小屋裏内も全熱交換で回すと、湿気がずっと交換されて、外部に排気されず、湿度が下がらないのではないでしょうか?
3)壁は、外壁材→透湿防水シート→胴縁&外壁通気層→断熱材→構造用合板→角柱&内部通気層→石膏ボードの順で構成され、気密シートがありませんが、気密性は保てるのでしょうか?
4)全熱交換システムのメーカーに問い合わせたところ、高性能フィルターを使用しているので、きっちり交換していれば、エレメントはメンテナンスフリーとのことでしたが、そんなことはあり得るのでしょうか?



アドバイスいたします
住まいを科学する技術集団・新住協メンバー
須藤建設(株)
副社長 須藤芳巳


ホームページ:http://www.sudo-con.co.jp/

 今回の換気システムをシンプルでわかりやすく捉えると、「家全体をサーキュレーター(この頃は使われなくなったが、室内において天井の暖かい空気を下方に戻すファン)のようなサイクルファンで館内空気を循環させるモード」「小屋裏に設置した熱交換換気扇で給排気するモード」を併用してセントラル換気を行う工法になります。
 自動車にも、「車内循環モード」と「外気導入モード」がありますが、この場合の前者をサイクルファン、外気導入部分を熱交換換気と捉えてもわかりやすいと思います。

質問1 
 ご質問のとおり、コンクリートが乾くのは半年から1年かかります。ここで基礎内の湿気対策で大切なことは外部に放出することです。今回、基礎内の湿気を小屋裏の熱交換換気システムで対応できることを確認してください。基礎内の換気が確実に行われるならば、フェノールフォームは支障ないと思われます。

質問2
 全熱換気扇の利点は、内部の湿った暖かい空気と外部の乾燥した冷たい空気を繊維状の薄い膜を通して熱交換すると共に、湿気も交換できることにありますが、欠点は室内の湿った暖かい空気が熱交換のとき冷やされて水になり、エレメントにカビが生えたりすることです。外気が持てる湿気は交換し、後は外部に排気されますので、湿気が排出されないということはありません。

質問3
 気密シートは断熱材の内部側に施工します。したがって今回の場合、外断熱工法なので構造用合板の外側に気密シートを張り、それから断熱材を施工します。気密シートがないということはあり得ません。

質問4
 通常、高性能フィルターは室内側についています。外部空気のほうには付いていません。性能の高いフィルターほどメンテナンス・交換が必要になります。
 いずれにしても、自動車のエアークリーナーを見てもメンテナンスは必要と思います。カタログにメンテナンスについて記載があると思いますので、確認してください。

・住宅性能の基本的な考え方
住宅は精密工場ではないので、マニアックな機械に頼るシステムは必要ないと思います。機械システムの性能数値はベストの状態の場合であって、使用していく中で起きるフィルターの目詰まりなどの場合を想定していません。
 住宅は、
  1. 自然または人力を基本として、機械は補助として考える。自動車のハイブリットカーのような考え方です。
  2. オーナーがメンテナンスを簡単にできることが基本。
     高性能より、アバウトでシンプルなもののほうが、丈夫で長持ち、ローコストで使いやすく、さまざまな変化に対応ができると思います。
     換気について言えば、温かい空気は比重が軽くなり上昇します。煙突現象です。このことを利用するプランを考え、窓・内部ドアを天井までの高さにするか欄間を設け、室内に暑い空気が貯まらないようにし、さらには建物を縦使いし、空気の流れをつくる工夫が必要です。建物の外構計画にしても、南面のほとんどをアスファルトまたはコンクリートにした場合、真夏に太陽熱を蓄熱することになり、外部を床暖するようなものです。やはり緑化し、打ち水をし、自然と人力で生活したいものです。
     北海道では高齢化と共に除雪が困難になり、外部をロードヒーテングにすることが多くなってきています。
寒冷地で高気密・高断熱の住宅の普及から省エネ化が促進される中、地球相手に外部を床暖?していることになります。ロードヒーテングにおいても同様に、必要最低限の部分以外は自然に任せ、雪が溶けるまで待ち、多少人力で対応しながら、足りない部分を機械に頼るようなハイブリットの考え方が必要と思います。基本は人間。機械は補助です。


J110 News

地下の結露・カビ・水の侵入…


<愛知県常滑市・KTさん(会社員・31歳・男)>


 3階建ての地下の部分で発生しています。周囲はコンクリートに覆われており、木製の階段と勝手口ほどのドアがあるだけです。地下に入るといつも「ひやり」としています。
・発生進行状況
1)水が染み出る
2)階段のカビ発生
3)壁に結露

・今回までに対策した内容(家作成業者依頼にて)
第1:水が浸入してきたので地下の床部を掘りヒューム管?(水の排出用パイプ)を埋めてコンクリート部に防水用塗料を塗った。結果、水が染み出るのは解消されず。階段裏にカビ発生。
第2:コンクリート壁部、床部にFRPを貼り付け表面に水が染み出てこないように修正、水の通る道はFRP内に確保。結果FRPを張った表面が結露。

 そのほかに良い処置方法はないでしょうか? 非常に困っています。最悪24時間換気扇、加湿器の検討もしているのですが…どうでしょうか? 換気扇を付けた場合はFRPを張ったほうが良いでしょうか、通常のコンクリートの方がよいのでしょうか?



アドバイスいたします
HQ住宅研究所 FAS本部
代表 福地 脩悦


 最も効果的な対処方法は、地下部分の周りに60センチくらいのドライピットといって、その部分の土を取り除き、その外側に擁壁をつくり、地下部分のコンクリートを乾燥させる方法です。しかしこの方法は、敷地や費用の問題があります。
 現在までの改善方法でFRPで防水層を形成しておりますが、地中の低い温度がFRPを外から冷やし、FRPの表面温度が露点温度より低くなっており、室内湿度がFRPに結露となっている現象です。
 簡易的な手法としては仰せのとおり、換気扇と除湿器(加湿器でなく)を取り付けることです。本件は、換気扇の空気導入口と排気口を、壁の表面を空気がなぞるような風の流れが出来るように設置することと、センサーつきの除湿機を併用することで、ほぼ解決できると思います。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。アドレスは http://www.fas-21.com/ です。もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。


J110 News

トイレの配管が家の外に出ている!


<神奈川県横浜市・SKさん(会社員・43歳・男)>


 3月に新築一戸建てに引っ越しました。引っ越してから気づいたのですが、2階のトイレの配管が家の外に出ていて、それもプラスチックの配管そのままです。2階でトイレを流すと外からは流れる音がまる聞こえで、もし破損したら大変なことになるし、不衛生だと思います。せめて配管を囲うような配慮をして欲しかったと思います。
 施工業者に言いましたが、最近は家の中の構造を重視して、無理やり家の中に配管はしないようにしているので、この家の構造では外に出すしかなかったと言われました。建売なのでどこまで苦情が言えるのかわかりませんし、クレームの対象にはならないのでしょうか? 公平に判断してもらえるような機関はないのでしょうか? みなさん、アドバイスお願いします。



アドバイスいたします
HQ住宅研究所 FAS本部
代表 福地 脩悦


 一般住宅の2階の排便管を外部に露出したまま配管施工を行うとは、相当、美観感覚の希薄な施工を行ったものと思われます。しかし一般のアパートなどでは、外部へ露出配管した施工も見受けられます。本件の場合、建売なのでその状況を見たうえで購入していることになり、後で気が付いた現在において改善要求を通すのはかなりの困難さが予想されます。
 しかし、排便管を建材で囲う工事は簡単で費用もあまりかからないので、業者と上手に交渉して、多少費用を支払っても、排便管を囲う工事を行ったほうが、業者とクレーム要求でトラブルを起こし、ストレスを増大させるよりも賢明だと思います。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。アドレスは http://www.fas-21.com/ です。もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。


J110 News

水田の水がU字溝の下を通って染み出してくる


<P.N.ゴンタさん>


 現在、新築住宅を建築中です。建築場所は、もともと田んぼであり、田んぼの谷側に擁壁をL字型に施工し、30センチ程度土を入れ替えて、現在、基礎工事のはじめのほうです。
 そこで、問題を発見しました。新築中の現場の土地の山側の田んぼに、田植えのため水を張ると、新宅の土地に水が流れ込んでいるようです。私の考えでは、上の水田の水は新宅用雨水排水路に流れ込んで新宅には染み出さないと思っていたのですが、どうも思ったようにいきません。状態は新宅地面の表面に水溜りができており、山側のU字溝にきちんと水がはいらず、U字溝のしたをくぐって染み出しているようでした。
 新宅用雨水排水路(U字溝)は深さ25センチぐらいです。U字溝は土を入れ替えたときに、一緒にしてもらいましたが、2ヶ月たってから、U字溝のすぐ脇の土を足でぎゅーっと踏むと、約3〜4センチぐらい沈み込みました。これって???と思い、昨日、自分でで土を固め、出来た隙間をまた土で埋めました。
 水はけはそんなに悪くないようですが、すごく心配です。原因と対策を教えていただければと思います。
土地断面図・平面図



アドバイスいたします
HQ住宅研究所 FAS本部
代表 福地 脩悦


 意外と思われるかもしれませんが、水田に水を張った場合においても水田の底の泥が水止めとなって、ほとんど水を浸透させないものなのです。
 本件の場合、25センチの側溝を入れてありますが、敷地の表面がしっかりと固まった状態でその側溝の役割を果たします。当分の期間は敷地表面に盛り土した地中に浸透するもので、側溝の役割は大雨の降ったときでしか効果を現しません。本件の場合、新敷地の上部に水田がありますが、その境目に側溝がついており、敷地外の排水路とつながっています。また旧敷地が低く、さらに旧敷地の下方も低くなっているので、新敷地の地下水面位はかなり低い状態にあり、敷地状況に問題はないと思います。
 しかし、新敷地に新築の際は、新敷地の地盤面より床下地盤面が必ず150ミリ以上高くすること、さらに地中の湿気が家屋内に上昇しないように、ベタ基礎方式や防水シートを施して、床下が常に乾燥状況を維持できることを、意識した設計施工を行うようにしてください。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。アドレスは http://www.fas-21.com/ です。もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。


J110 News

マンションの設計図はもらえない?」に対する私の意見


<匿名さん>


 5年前にマンションを購入しました。わが家の場合、全戸の図面集はモデルルームを下見し、資金の相談を行ったときにもらいました。まだ、どの間取りを購入するか、決めていなかったこともあると思いますが、うちのマンションの場合は、モデルルームを訪れた全員がもらっていると思います。ただし、これは大まかな間取り図で、詳細な設備図面や天井高などは記載されていません。竣工していない場合、計画変更もあるので、デベは見せたがらないのかもしれませんね。
 私たちの場合は、販売会社にお願いして竣工図面もコピーさせてもらいましたが、嫌な顔せずにコピーしてくれました。また、モデルルームにもかなり頻繁に通い、販売会社に確認しながら、サッシまわりや通気孔、エアコン位置まで、かなりの枚数の写真を撮影しました。結果、これが内覧会(引渡し前の確認作業)でとても役立ちました。
 買い手はもっと積極的にいろいろな要求をしても良いと思いますよ。何しろ、そうそうできない大きな買い物ですもの。
 なお、建物の引渡し以降のことですが、竣工図面は管理組合で保管するものです。必ず組合に引渡してもらうようにしてくださいね。

2004/06/12 「マンションの設計図はもらえない?」に私の意見



まだまだ投稿ページは続きます 新しい記事    古い記事

NPO住宅110番はリニューアルいたしました。
新たに質問がある場合はコチラからどうぞ。

※このページはリニューアル前のもので、回答の中には十数年以上前の情報もございます。技術は日々進歩していますので、その点をご理解の上参考になさってください。