住宅クレーム110番
投稿ページ続きです
軟弱な地盤の土地。暗渠排水は? 地盤強化は? 」への私の意見
 いつも勉強になる情報をありがとうございます。早速ですが、ご質問をさせてください。
 水はけの悪い土地の対策として行う「暗渠排水」や「U字溝」ですが、具体的に、どこで取り寄せられるものか、また、どういうふうに施工するのか、施工するとしたらどこに依頼すればよいか、わかりません。
 申しわけないのですが、素人でもわかるような情報をいただけますか? どんなことでもかまいません。よろしくお願いいたします。

 暗渠には大きく分けて、合成樹脂管と土でつくられる土管(ストライプ土管)があります。合成樹脂管は有機質で(−)の静電気を帯びており、土壌中(+)の鉄のスラリー(水あか)が管の内外に付着しやすく、そのため、目詰りを起こし、吸水効果を著しく妨げます。土管は化学製品の2倍以上の多量の水を集め、自然排水する能力があります。
 暗渠排水の施工方法としては、深さ600〜800ミリくらい、巾350ミリくらい掘削、床掘をします。この時、レベルを測定し勾配1/300〜1/500をつけ、土管が直接床面に触れないように先に砕石を50ミリほど敷きます。その上に土管を置き土管の周囲に砕石(5−40)を350ミリほど入れ、次に荒目砂(0.5−2.5)を200ミリほど入れ、残りの部分に耕土を入れて終了です。そのほかに土管の上にモミガラを入れる方法もあります。
 暗渠は建築土木資材販売店で注文、U字構であればホームセンターでも置いています。施工は土木業者または工務店に相談してください。その土地に合った施工をしていただけると思います。




 貯水槽(建築設備では受水槽と呼びます)まわりでの騒音源は3つの原因が考えられます。

1.受水槽への給水装置の振動:
 受水槽に水を補給する場合、水が出っ放しにならないよう、一定のレベルで給水を止める構造になっています。これにはボールタップを用います。大便器のタンクの蓋を開けると丸い玉が棒の先についています。これがボールタップです。これを水の中に押し込んでみてください。水が給水されます。手を離すと水に浮かんで給水が止まります。ボールタップが下がると水が入り、一定のレベルまで浮くと水が止まるわけです。受水槽も同じようにボールタップを使っています。引き込み管が細い場合は、ボールタップで直接水を止める構造になっています。太い場合は定水位弁(商品名FMバルブ)というものをつけてありますが、これを作動させるために、やはりボールタップがついています。
 さて、受水槽の補給水管は便所の配管よりも太いですから、地域によっては非常に勢いよく水が入ってきます。この場合、水面が大きく波打ち、ボールタップが上下します。水位が上がってくると、ボールタップの上がり下がりにより、水が入ったり止まったりして、装置や配管・受水槽を激しく振動させます。「バン!バン!ウィーンウィン」や「ガガガガ、ウィンウィン」となるでしょう。放っておくと神奈川県T.H.さんの体験のように配管の破壊にまで至ります。
 対策としては、受水槽内部に波よけをつけてボールタップが波打たないようにするか、ボールタップの位置を水の落としこみ口から離します。

2.給水ポンプのメンテ不良:
 加圧給水方式の場合、古いタイプの場合、加圧タンクの空気槽に空気を補給するタイプのものがあります。この場合、空気入り口にエアフィルターがあり、これが詰まって空気が補給されないと「ガガガガ」と音がします。これも放っておくとポンプが壊れます。

3.受水槽への給水音:
 これはどちらかというとシャーシャーいう音ですから、今回のケースではありませんね。この音を小さくする装置もあります。

「水道関係の修理を担当している人」の言葉では、実際に音を聞いてもらったようには見えません。実際の音を聞いて判断してもらってください。水道局の方に相談するのもいかがでしょうか。

2001/11/03 「貯水槽の不快な音に悩んでます」さんへの私の意見



<〜NPO住宅110番より〜ここに寄せられたご相談へ、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せください。>

 土地を購入し、家を建てて5年になります。犬走りが基礎から10センチくらい下がってしまいました。最近、犬走りを外し、掘ってもらいました。そうしたら、伐採した木がたくさん出てきました。それは家の下のほうまで埋まっていました。それが原因で地盤沈下を起こしていたようです。しかも、地面と基礎の間は空洞になっていました。家はべた基礎なので、多少の傾きで済んでいます。修復には多大なお金がかかるようです。困ったことに建築業者はつぶれてしまいました。
 土地を売った不動産業者に責任を追及できるのでしょうか? みなさんの意見をお聞かせください。




<〜NPO住宅110番より〜ここに寄せられたご相談へ、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せください。>

 隣地からの建設距離についてアドバイスをいただきたいと思います。
 こちらの土地は近隣商業、区道に接道、防火地域で、建物は防火壁、鉄筋3階建てです。お隣は民法234条を基準として、50センチの後退を提示してきました。ですが、こちらは建築基準法65条に適合するため、本来の設計は境界より17センチしか開けておりませんでした。お互いの新生活のため、それぞれに妥協することも必要と思い、こちらは家屋の縮小と移動で30センチまで後退することを約束しましたが、相手側は35センチは下がらないと駄目だとして、こちらに家屋の設計変更を要求してきました。こちらが、差異の5センチについても実建築中に壁の厚さの調整や位置修正で可能な限り対応します、と言っても納得してもらえません。隣人の土地は但し書き道路にしか接道しておらず、建築確認を取るために50センチ後退しています。
 一方的に隣接して建ててしまうのには問題があると思いますが、こちらも犠牲を払って後退しているのに、さらなる設計変更を迫られては、こちらが一方的に不利益を被ることになると感じています。
 このような場合、どのような解決方法がより良いでしょうか?
 



 換気扇の施工不良?について悩んでます。
 某大手メーカーのマンションに住んで7〜8年になりますが、風呂で換気した湿気がトイレに流れ込んできます。照明と換気扇のスイッチが一緒なので、入浴中はトイレの電気はつけっぱなしにしています。ですが、つけ忘れ、また、漂白剤を使ったときなど大変。子どももいるので不安です。
 施工店や管理会社に連絡してもラチがあかないまま、数年がたちました。電気屋さんが来たときに天井裏を覗いてもらいましたが、わかりませんでした。何とかならないでしょうか。

 質問の内容は、兼用スイッチと、浴室の換気がトイレに流れ込む排気管の問題との2つであると思います。通常換気では、居間や脱衣場、トイレ、そして浴室の順で換気経路がなされているのが普通です。最終排気の場所に排気ファンを設置させるのです。本件の場合、この文章だけで断定できませんが、最終排気場所がトイレになっているのではないかと思われますので確認してください。
 いずれにしても、安心して換気を行う場合は、浴室とトイレにそれぞれ別個の排気ファン(局所換気という)と、そのためのスイッチを取り付けることです。改善工事を行うには、壁や天井を壊さないで行う方法で、配線を化粧カバーをつけた露出配線になりますが、十分に施工はできます。浴室は100ミリ径の排気ファン、トイレは75ミリ径の排気ファンが適当かと思われます。ファンはそれぞれが1万円以下で買えますが、別に、施工工事は壁に穴をあけたり、配管と電気配線工事のための費用が伴います。多少の費用はかかっても行うべきでしょう。
 こうした工事は、設備工事業者に依頼したほうが良いと思います。必要に応じて電気工事を設備業者が施工指示いたします。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。 アドレスは http://www.fas-21.com/ です。 もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。



 私は某音響建築設計事務所の者です。2000万円とはかなりおいたわしく思い、投稿させていただきます。
 マンションの上下階の問題は、とてもたくさんの方が悩んでおられますね。私もよく相談を受けます。数年前には上階の騒音が原因で殺人事件も起こったり……。
 今回のカラオケ教室の件もそうですが、騒音に悩んでいる方は一度、お近くの音響設計専門の業者の方に相談されてはいかがでしょうか? 測定器を買うよりも安価に正確に測定できますし、自分一人ではなかなか知り得ない情報を教えてくれるはずです。防音リフォームも、皆さんが思っている以上に遮音性にもインテリア性にも優れています。私の施工したお宅では夜、上階で毎晩のようにパーティーが行われていて眠れない日々が続いていたのですが、6畳ほどの寝室を防音しました。夜は快適に眠れるらしいです。

2001/12/01 「カラオケ教室の真下に住んで」について私の経験から



まだまだ投稿ページは続きます 新しい記事    古い記事

NPO住宅110番はリニューアルいたしました。
新たに質問がある場合はコチラからどうぞ。

※このページはリニューアル前のもので、回答の中には十数年以上前の情報もございます。技術は日々進歩していますので、その点をご理解の上参考になさってください。