住宅クレーム110番
投稿ページ続きです
 はじめまして。困っていたところ偶然このページを発見し、投稿した次第です。
 実は、購入当初から床は全てカーペット敷きでしたが、息子の鼻炎アレルギーがひどく、この際、全てフローリングにしようと考えたのですが、当マンションの管理組合の決まりで床の張り替えはフローリング不可となっているのです。何とかして床材だけでも張り替えたいのですが、防音の関係やアレルギーの関係などからいい解決策はないものでしょうか?
 例えばコルクタイルもカーペット同様の防音性などあると聞きますが、「タイル」でも、やはり「フローリング」とみなされるものでしょうか? よろしくお願いします。

 マンションの専有部分のリフォームは、管理組合の承諾が必要であることはご存じの通りです。お子さんにシックハウス症候が見られるとのことで、さぞお困りかと存じあげます。管理組合がフローリングを不可としているのは、床の音が下階に響くからだと思います。コルクタイルも防音性があり良い材料のひとつですが、その他に防音タイプのフローリング材やクッションタイプのものなどいろいろあります。一度ショールームに行かれて相談されてはどうでしょうか。メーカーとしては、大建工業、東リ、ナガハマ、フクビ化学といろいろあります。ご参考まで、札幌の大建工業のショールームは、白石区栄通り22丁目 TEL:856-2202です。
 シックハウス対策の相談にも、また防音床材の相談にも応じてくれると思いますので、カタログや性能表または現物見本をもらい、管理組合の承諾を得ると良いと思います。



 初めて投稿させていただきます。先日、私が契約したマンションの工期が延期になったことについて疑問に思ったことです。
 今年の1月に新築分譲マンションの契約を行ったのですが、そのときの工期は来年の8月でした。しかし先月、工期が11月に延期になるのでその説明会を行うということになり、その説明会に行ったのですが、そのときの理由は前に建っていたものの基礎を使うという見積もりで工期を決めたが、調査の結果、その基礎では不安なので新しく基礎を作るのに工期が延びたということでした。しかし、前の基礎を使うなどということで許可がおりるわけもなく、そのことを後日問いただしてみると、今度は、隣の建物の土台に影響が及びそうなので、基礎を作る際に隣に影響が及ばないような作り方に変えたために工期が延びたということでした。素人の私からすればしょうがないように思えなくもないのですが、最初と言っていることが違うのと、隣への影響有無などは最初に工期を決めるときに調査をしていなければならないものなのでは、という疑問が出てきました。
 あまり詳細に説明できませんでしたが、このような理由で工期が延びることがあるのか、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご意見をいただけませんでしょうか? お願いいたします。
 
 文面から読み取らせていただきましたが、工期の延期にともなう契約金額のうんぬんというご質問ではなく、「前の建物の基礎を利用しようとした」「隣接建物への影響への対処」で工期が3ヵ月も遅れることが一般的にあるのかどうか、というご質問と解釈させていただきます。一般的には、あり得ません。建設会社は建設を始める前に、施工計画書というものをつくります。もし工期延期の説明会で、ご質問にあったような説明をしたとしたら、それは事前の調査不足であり、技術力を疑われて当たり前です。まったく恥の上塗りになってしまいます。
 工期が延期になる理由は、その時の状況でいろいろあり得るでしょうが、このような説明はちょっとおかしいですね。



 洗濯機用排水口からの臭いに悩まされています。住宅メーカーに問い合わせると、1階には排水トラップをつけないのが今は主流だ、つけると流れが悪くなりますよと言われました(2階用のトラップはあるが、床上にL字型に配管が出るとのこと)。それで洗濯機の排水ホースでトラップを作るようにアドバイスされたのですが、どうも納得できません。住宅設備のほうで臭いが上がってこないように作るのが普通なのではないでしょうか? 一般的にはどういう風に作られているのか教えてください。
 それと、うちのように排水口の上に洗濯機がのる場合、どのように作るのがベストなのでしょう。防水パンとかどういう時に使うのか(今は使っていない)、素人なのでよくわかりません。
 交渉の末、今週にもトラップを付けてくれることになりましたが、どのようなものになるのか(洗濯機が置けなくなるのではないか、つまったりしないのか)とても不安です。ぜひ良いアドバイスをお願いします。

 トラップは排水管からの臭気を防ぐために、排水器具(大・小便器、洗面器、台所流し)には必ず取り付けられます。洗濯機の排水用にはマンションの場合は洗濯パンを設け、これにトラップが付いています。これを付けたために流れが悪いと、トラブルになったことはありません。戸建て住宅の場合も洗濯パンを設置するのがベストであると思います。しかし1階の排水は直接外の排水管に接続でき、マンションなどは排水管内の空気の動きがないので、浴槽の排水や洗濯機用床排水口のトラップを省略することもあるようです。この場合も、屋外の排水管に接続する手前にトラップ桝というものを付けて臭気の逆流を防ぐのが正しいやり方です。戸建て住宅の1階の排水の流れを良くするためにトラップを付けないのが主流かどうかは知りませんが、それに代わるもの(トラップ桝等)がなければ臭気は防げません。
「排水口の上に洗濯機がのる」とありますが、洗濯機の真下に排水口があるのですか?
 洗濯機の排水を計画する場合は洗濯機の設置場所を想定し、洗濯機の右側か左側に排水口を配置します。洗濯パンも同じようになっています。そのようになっていなければ設計上の問題ですから、手直ししてもらってはいかがでしょうか。また、設計上の想定位置に洗濯機を置けない事情があるのなら、洗濯ホースやトラップの高さ分だけ洗濯機を高く置く工夫が必要となります。
 トラップは洗濯物の繊維で詰まることがあります。定期的に掃除が必要です。その意味でも「排水口の上に洗濯機がのる」のは具合の良いことではありませんね。
 なお、臭気の程度にもよりますが、トラップがなくても、排水口にホースを差し込んだ周りに何か詰め物をしておけば、臭気を防ぐことができます。それでも臭気がしているとすれば、換気設備に問題があります。最近のレンジフードは強力ですから、給気口がない場合、開けてない場合、またはフィルター・メッシュが詰まっている場合は、どこかから空気を引っ張ります。ドアの隙間がヒューヒュー音がする事例はこのホームページにも多数紹介されています。トラップがなければ排水口からも空気が逆流します。この原因にも心当たりがあるなら、給気口のフィルター掃除を行ってください。
 トラップを付けてもらうということですので、問題は解決するものと思います。



 台所にある換気扇を24時間回してみましょう。私の所は何年も止めたことがありません。
 電気代は想像以上に低く(ワット数で計算してください)。気温もそんなに下がらず(夏は上がらず)全く快適に暮らせます。窓の結露もほとんどなくなります。家のホコリも少なくなったような気がします(換気扇の汚れでわかります)。
ではでは

建築素人より
伊東家の裏技に投稿したのですが不採用でした。
 



 某プレハブメーカーで工事管理をしている者です。
 基礎の鉄筋について教えてください。配筋を施工中にお客様が見学されて、鉄筋のサビについて、「全て除去しろ」と言われました。
 サビの状態は、コンクリートの付着を妨げるような状態ではないので、「このような薄いサビは、コンクリートの付着を妨げるようなものではないので、害はありません。品質に影響はないので、施工を続けさせてください」と言ったのですが、聞き入れてもらえず「薄い赤錆はコンクリートの付着を妨げないという根拠をもってこい」と言っています。
 確か、学生時代に習った憶えがあるのですが、はっきり思い出せません。
 「多少の赤錆は、コンクリートの付着は良好で害がない」のは、なぜだったでしょうか? また、JASS5か、別の何かにこのような記述があったような気がするのですが、それが思い出せません。ぜひ教えていただけないでしょうか。

 建築工事監理指針(公共建築協会)に次のような記述があります。「錆のうち、浮いていない赤錆程度のものについては、コンクリートとの付着を阻害することがないので、無理にこれを落す必要はない」。記述内容が、質問の意図にピッタリでしたので、そのまま回答とさせていただきます。



 こんにちは。いつもHPを拝見させていただいています。また前回も相談にのっていただき大変助かりました。ありがとうございます。
 いろいろとあった我が家も工期6ヵ月遅れで完成し、減税に間に合うようにと急いで入居しました。6ヵ月も遅れたにもかかわらず、最後はまるで私達にしてみれば、突貫工事のようでした。仕上がりも雑で、いろいろとやり直しをしてもらいました(ホンとに数多くありました、うんざりすほど…)。
 そのなかに、玄関ポーチ(コの字型になっていて、玄関がへこんで、その上がベランダになっている)の玄関の戸の左側のサイディングの下から雨水が伝ってくるのです。本来、濡れるはずのないポーチのところに水溜りができます。サイディングも毎回、そこのところは濡れて水がしみでてきています。窒業系だと思います。工務店さんが言われるのには、通気層があだになってそこから伝ってくるそうです。
 雨が降るたびに、漏れ伝い、そのたびにベランダ付近にコーキングをされに来るのですが、一向に直りません(電話して大分たってから来られます)。また直ったと思っても、また何回か雨が降ると、また漏れています。雨の日にも見にきて欲しいのですが、晴れの日にしか来られません。防水シートが張ってあるから大丈夫ですとは、言われますが、6月の入居から大分たっていることですし、不安です。
 2週間ほど前に原因がわかりました。「めくれていた所があったので、直しておきます」と言われ、直ったと思っていたのがこの前の雨で、また水溜りが出来ていました(雨の降り具合でならないときもあるのですが)。
 これは、もうどうしたらいいのか…。サイディングの下からの雨水漏れとは最悪です。工務店さんも最近は支払い残金が少なくなったのか、あまり親身ではありません。連絡をしても、あいたときに行きますという感じで来られません。
 ここは業者さんを変えて、見てもらったほうがいいのか、途方にくれています。工務店さんが言われるように、そんな心配するようなことではないのでしょうか??
 いまでは、せっかく建てた家も愛着が沸かず、ただただ工務店さん選びを失敗したと悔やむ毎日です。

 雨漏りの原因はなかなか特定できないので、大変に難しい対応を強いられます。本件につきましては、およそ、玄関ポーチの上にあるベランダであると思われますが、状態から想定して、防水層に亀裂などのような、ハードな欠陥ではないと思われます。風の向きや強さなどで状況変化することから、一番考えられるのが、防水層の立ち上がり部分に問題があると思われます。その部分を重点的に点検するよう要請してみてください。そのままにしていきますと、窯業系サイディングが積層剥離(裏側から湿気が入り素材を侵す現象)を誘発しますので、速やかに適切な対応が必要です。
 去年の4月から施行された住宅品質確保促進法において、雨漏りトラブルは、施工者側に対し10年間の瑕疵担保責任が課せられるようになりました。この法律は指導要項などでなく、義務化となっています。本件は今年に竣工する住宅ですから、当然ながらこの法律での対象になります。この法律の後ろ盾もあることですから、冷静に落ち着いて、業者さんと復旧交渉を行ってください。
 感情的になってしまいますと、それ以外の問題が発生した時、事務的に扱われる場合があります。施工者とは、一生、仲良く付き合う気持で接した方が必ず施主の得となります。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。 アドレスは http://www.fas-21.com/ です。 もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。



<〜NPO住宅110番より〜ここに寄せられたご相談へ、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せください。>

 今年の7/9に住宅を購入し、現在建築中です、契約時に水まわりや風呂など、住宅機器メーカーに見積もりを出してもらい、建築屋に提出し、オプションの差額はいくらくらい出るのかと質問したところ、「現在の予算のなかで抑えられそうだ」ということだったので、契約し着工しました。しかし今になって差額が130万〜150万くらい出そうだ、と言ってきました。「予算範囲内で収まるって言ってたでしょ」って言っても「わし、そんなこと言ったっけ?」で取り合ってもらえません。こんな時って泣き寝入りしかないんでしょうか?
 契約時に詳細な見積もりを出してもらわなかったのがいけなかったかとは思いますが、何かいい方法がありませんでしょうか?




 「 水道管の床下での水漏れ・カビ被害」件名の住宅クレーム110番拝見させていただきました。
 築6年の一戸建てに住んでいます。地面は、丘陵地を削っている部分と8メートル高の擁壁のある埋め立てた部分とでなっています。基礎は、べた基礎でその下は地盤改良されています。新築して1年ぐらいで風呂側の犬走りにひび割れが入り、補修し、それから毎年ひび割れ(同じ箇所)補修の繰り返しをしていました。埋め立てた土が少しずつ下へ下がっているために、少々の犬走りのひび割れは仕方がないと思っていましたが、最近、またひび割れが目立ってきたので、先週、業者に頼んで犬走りを割って見たところ、べた基礎と風呂側の基礎の間から水が少しずつ湧き出ていました。
 すぐに水道業者を呼び、水道管に圧力をかけて見てもらったところ、風呂場か洗面所の水道管のどちら側からか微妙に水漏れしているとのことでした。ただ、面倒なことに家の風呂は造りつけの風呂で、洗面所の床下は土間にして直接フローリングを貼っています。水漏れの箇所を見つけるにはある程度、風呂や洗面所を壊さなければならないと思いますが、これらの修繕に掛かる費用は水道業者に持ってもらえるのでしょうか?
 また、風呂と洗面所に隣接しているキッチンの床下を見ると風呂側と洗面所側の壁の下が濡れていますし、柱も黒くなっています。洗面所のコンパネに打ってある釘も錆びて壁紙を茶色くしています。今後の家のためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか? また、これらの費用も請求できるのでしょうか?
 専門家のご意見を聞かせていただければと思い、メールしました。よろしくお願いします。

 まず、水漏れの原因を特定できたことは幸いなことであると思います。いずれにしても、できるだけ早急に改善をしなければ、構造体のダメージはいっそう深刻になります。腐食菌に侵されたり、白蟻の被害を誘発する場合もあります。また内装材の変色や釘頭のサビも、周辺含水量の増加によってなされたものと思われます。要因の水道給水管を取り替えるには、関連する周辺の壁や床、あるいは、土間の一部も撤去しなければならない場合があります。
 費用については、水道業者に責任を押し付けることは困難と思われます。漏水の原因が必ずしも水道業者のみに特定できません。地盤変動による配管の歪みや浴槽の防水層、あるいは、施工時の大工さんの施工の不手際で配管を損傷させたりの要因も考えられます。
 契約時の経緯にもよりますが、一般には施工工務店が、全般の施工責任を負うことになっています。しかし、築6年を経過した段階で、施工業者に補修工事費を負担させるだけの責任を負わせるのは大変難しいとことと思います。施工業者の道義的な責任の範囲で、その好意にすがる方法しかないと思われます。施工業者に実情を見てもらい、できるだけ費用をかけないで、改修工事を行うことが最善と思われます。しかも、早急に実施することです。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。 アドレスは http://www.fas-21.com/ です。 もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。



まだまだ投稿ページは続きます 新しい記事    古い記事

NPO住宅110番はリニューアルいたしました。
新たに質問がある場合はコチラからどうぞ。

※このページはリニューアル前のもので、回答の中には十数年以上前の情報もございます。技術は日々進歩していますので、その点をご理解の上参考になさってください。