住宅クレーム110番
投稿ページ続きです
 家を新築して、入居後2年たちます。床は全てフローリング貼りにしたのですが、先日、妻が掃除中にフローリングに小さな穴を見つけました。よく調べてみると、同じフローリングに穴が合計6ヵ所、それも一列に並んで空いています。友人に相談すると、「それは、虫が穴を空けている」と言われました。きっとフローリング自体に虫がいたのだと思います。メーカーに問い合わせをしようと思うのですが、やはりメーカーの責任なのでしょうか? また、一般的にフローリングを食べる虫とはどんな虫ですか? 妻は神経質な性格で、つい最近まで穴はなかったとのことです。良いアドバイスをお願いします。

 昨年5月頃の出来事です。札幌市の隣、S市の中学校の改修工事を請け負った建築事務所から私宛に電話が入りました。校舎内の廊下の床材にたくさんの小さな穴が空き、黄粉状の粉がふき上がり、この上を歩き、または走る生徒さんが滑って転んでいる。この、粉をふくものの正体は果たして何であるかと。この時、私の想像力はその正体を思い浮かべることより「滑って転ぶ」ほうに集中していました。
 中学生が粋に肩で風を切って校舎内を闊歩する。そこに何者かが仕掛けたスベリ紛あり、これに足をとられてステーンと転ぶ。なんとも愉快な話ではないか。私が中学生だった30年前なら愉快と言っても許された話ですが、最近ではそうも言っていられない。「自治体の管理体制はどうなっているのか」「うちの子どもが転んで怪我でもしたらどうしてくれるの」。そんな声が続々と聞こえてきそうです。
 床に穴を空けて黄色い粉を盛り上げるのは、ほぼ間違いなくキクイムシ虫の仲間ということになります。こんなことを書いていたら解答にならないと思われるでしょうが、しかし回答になっているのです。家庭で起きたことか、学校という公的な場所で起きたことかの違いだけで、前述したキクイムシ虫の仲間というのは、害虫として考えるならば乾材害虫の仲間で、北海道でよくある事例ではヒラタキクイムシです。頑張れ松尾さんのお住まいが兵庫県姫路市ということなので、これ以外の可能性もあります。私の手元にある資料から、これらの虫の名前を書いておきましょう。
 ヒラタキクイムシ、ナラヒラタキクイムシ、チビタケナガシンクイムシ、オオナガシンクイムシ、ケブカシバンムシ、マツザイシバンムシ、クシヒゲシバンムシ等、他にも数え上げるとたくさんあります。
 頑張れ松尾さんの文章には粉の話が出てこないので、これらの昆虫の虫孔かどうか判定しにくいところですが、住宅に使用する建材で、しかも日常的に視覚に触れる部分のフローリングに最初から虫孔のある材料は使用しないでしょう。文章からの判断で、全く想像の粋を脱することのないものですが、おそらく前二者のいずれかだろうと考えられます。
 さて、どこに責任があるかいうことになるのですが、虫を中心に考えると、どこにも責任はありません。よくぞここに住み着いたものだ、と敬意を表しても良いくらいです。とはいえ、虫孔6個で発見できて良かったではないですか。せっかくのマイホームを倒壊させるような力をもっているわけではありませんが、たくさんの孔が空いて、ご自宅で奥方がお掃除中にステーンと転倒なさって痛い思いをされてからでは、被害が大きすぎます。
 ハウスメーカーにお願いし、腕のいい大工さんにきてもらって虫孔6個のフローリングを張り替えてもらってはどうでしょう。費用はご自分で負担されることが円満解決への近道でしょう。
 ヒラタキクイムシ、ナラヒラタキクイムシであるとすれば、ラワン材やナラ材の澱粉質を食糧にして材中で幼虫が成長します。成虫になって次世代へのための行為を行うとき、孔を空けて表に出てくるのです。甲虫の仲間で飛翔することができ、どこからか飛んできて産卵されるのですから、予防法もありません。まれに原材料が乾燥される過程で産卵されて、虫卵として混入している場合もありますが、これを証明することはできないでしょう。
 もし成虫を発見できたなら、それをつかまえてやさしく取り扱い(虫体は思いのほか壊れやすい)ながら最寄の保健所に連行してご相談になってください。
 神経質な奥方への対処法はご自身でご検討いただくことにして、虫が原因であった場合の対処法を紹介しました。ちなみに中学校の事件は自治体と予算の折り合いがつかず、私の商売にはつながらなかったのであります。



 マンションを買おうかと検討しています。今は賃貸マンションで最上階ですが、下の階の騒音が気になったりしています。今度買おうとするマンションは、中空スラブ厚31ミリで、セールスマンは夜に掃除機をかけてもぜんぜんオッケーといっています。しかし、中空ということなので逆に音が響くのではないか?と思っています。ほんとに大丈夫なのでしょうか。教えてください。

カイザーボードスラブ310ミリ
セルフレベリング材17ミリ
木質防音フローリング13ミリはL−45です。

戸境壁 コンクリート200ミリ

 
 マンションの床遮音についてのご質問ですが、質問メールの文面だけでは残念ながら判断がつきません。せめて、図面(断面詳細図など)とスラブの仕様のわかる資料がないと何とも言えません。
 「音」の問題は、他の要素と比べて、判断が非常に難しいと思います。設計者や施工者レベルの知見では、正確に返答できないと思います。それよりも、信頼できる研究者の方の意見を聞くほうが適切ではないかと考えます。
 また、「音」の問題はデリケートな面もあります。「上階の住人と仲が悪い」とか「1階の姑と2階の嫁の仲が悪い」といった理由で、それほど大きな音でなくとも、大クレームになるということもあると言われます。このようなことも考慮すべきかとも思います。
 お力になれない答えで申し訳ございません。



 電磁波の問題で反対が多いのはよく分かりますが、マンションってIHクッキングヒーターを採用しているところが多いと思います。この電磁波も相当なものなのに、基地局だけを問題にするのは偏った見方ですね。
 ちなみに新築中の我が家は電磁波がいやで、IHをやめてラジェントヒーターにしました。
 



 札幌市内在住です。建売住宅を購入し、5年が経過しております。北東向きの角地に位置しており、日当たりはあまりよくありません。間取りは、4LDKです。居間については、FF灯油ストーブと床暖房で何とか暖かいのですが、ホールからトイレ、階段、2階部分全て寒くてたまりません。同時期に建売を購入した隣近所に聞いてみると、同じような間取りでホールや2階の寒さをさほど感じないという状況です。
 購入したハウスメーカーに当初、数回にわたり状況を知らせ、床下や天井の状況を確認してもらいましたが、断熱材を含め全て問題ないという回答しか得られません。入居5年目にして早くも住み替えを夢見ています。現在は子どもが小さいので主に1階で暮らしていますが、今後のことを考えると、何かよい対処方法はないかと思案中です。もし、アドバイスがあれば教えてください。
 
 住宅は同じ敷地内に建てられたものでも、間取り、向き、ライフスタイルで全く異なった温熱環境になります。本件においても同一メーカーの仕様で建築されていることから、断熱性能は近所のものと変わらないと思います。
 決定的な違いは、東北の向きにあるものと思われます。この方向に入り口がありますと、出入りのたびに大量の冷気を取り込みます。また、日当たりが良くないことも状況をさらに悪くしています。通常、普通の窓からは平方メートルあたり400Kcalもの日射熱が侵入します。1坪の窓が3ヵ所で約8平方メートルですから3200Kcalにも及び、これはFFストーブ1台分に相当します。しかし、温熱環境上、日が入らない窓は単に熱を逃がすだけの部位でしかありません。暖房している部屋と非暖房の部屋に極端な温度差が生じますと、その界壁の部材含水量(界壁を構成する木材やボードの湿気保有量のこと)が増加してカビの胞子(ハウスダスト)が発生しやすくなり、子どものアトピーなどの要因とされる場合もあります。
 対応としては、玄関ホールに暖房器を設置して階段ホールを通じて2階に暖気を上昇させ、改善をはかる方法がベターと思います。
 この住宅は、夏涼しそうです。上記の工夫で多少暖房費はかかりますが、冬を快適に過ごせると思います。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。 アドレスは http://www.fas-21.com/ です。 もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。



 はじめまして。
 最近、家を建築中で、すでに基礎工事が着工しております。あと、2〜5日後には基礎コンクリートを流し込むのですが、最近の寒波により、香川県でも昼間で6℃、夜は−3℃ぐらいまで冷え込んでいます。工事責任者は「コンクリートは施工時に−2℃以上であれば影響ない」と言っておりますが、本当ですか。
 また、柱状改良をしてから今日で5日目です。何日ぐらい置いてから基礎コンクリートを流せばよいでか。参考にしたいので、お手数ですが宜しくお願い致します。

 主に低温時に打設するコンクリートもあります。北海道では日中の最高気温がマイナス以下の真冬でもコンクリート打設を行います。コンクリートの打設管理を的確に実施すれば、凍結被害を完全に回避できます。マイナス下での打設はそのための打設養生(シート等での寒さ対策)と期間養生(型枠を長期間外さない)が必要です。
 柱状改良とありますが、杭打ちによる土壌改良(地盤補強)のことと思います。杭打ち補強なら基礎コンクリート打設の期間は問いません。

★回答者に、もっと詳しく知りたい場合、また、直接聞きたい場合は、回答者のホームページに質問欄があります。 アドレスは http://www.fas-21.com/ です。 もちろん住宅110番に今まで通り質問していただいても構いません。



<〜住宅110番より〜ここに寄せられたご相談へ、専門家の方、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せ下さい。>

 初めて投稿いたします。いつも拝見し、参考にさせていただいております。私は夫婦2人で分譲マンションの1階に暮らしている者です。
 私たちはエレベーターホールに面した部屋に住んでいるのですが、ほぼいつでも何かのモーターのような音が聞こえて大変不快に思っております。なんだろう? エレベーターのモーター?洗濯機?… でも、深夜から夜が明ける前でも音は聞こえるし、一体なんなんだろう?とずっと悩み続けて不眠症気味です。日中は他の音もあるせいか、気づかないこともありますが、夜は本当に毎日毎日うるさく低周波音が響いて気になって仕方ありません。
 と、今回のご投稿の中にタイムリーなものを発見し、「水道の汲み上げポンプのモーター音」が原因なんですか?とびっくりしている次第です。でも、たぶん同じような音で悩んでおられる方がいらして、心強く思いました。私の思い過ごしじゃないですよね。あの音、とても気になりますよね。
 これについては、できれば専門家の方のご見解をいただければと思うのですが、いかがなものでしょうか。対策などは何かあるのでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。




<〜住宅110番より〜ここに寄せられたご相談へ、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せ下さい。>

 冬、滑るポーチ階段で悩んでいます。玄関を出ると7段の階段があり、表面は10×10のタイルで加工してあります。まだ築1年ぐらいで、建築中にロードヒーティングも検討しましたが、高価であることと維持の問題で諦めました。今は、何かマットのようなものをと思い、ホームセンターなどで見ていますが、いいものが見つかりません。
 そこで、安価な滑り防止方法および材料がありましたら教えてください。




リプランホームページ様

 住宅クレーム110番を拝見していたら、自分とまったく同じ状態の方がおられましたので、メールを出しました。
 その事例は「施工工務店の倒産、工事を続けてくれる業者さん募集」です。私の場合は倒産はしておりませんが、何せ運転資金がなく事実上倒産しているみたいな工務店です。松戸の宮坂さんと同じように屋根・外壁(モルタルで仕上げ前)があり、2階住居は半分フローリング施工され、壁・天井はボード8割の施工状態です。1階店舗部分は上棟状態です。ここまでくるのに、何と1年かかりました。昨年末には現場に搬入されていた建築資材の山を搬入業者が全部回収してしまい、今はゴミしかありません。さすがに気の長い私も、このままでは何年経っても家は出来ませんから、工事契約を破棄しようと動き出したところです。
 それで、破棄前に建物を自分の所有にすべく表示登記をすることにしました。法務局側では当初「この状態では登記できない」と言われましたが、家屋調査士の方が事情説明してくれ、何とかOKをもらうことができました。今現在は保存登記の書類がまだ出来上がってきていませんので、工務店に対してアクションは起こしていませんが、いずれにせよ8割がた支払ったお金は戻ってこないでしょうし、新たにお願いする業者・建築資材等のお金が降りかかると思うと、また眠れません。
 松戸の宮坂さんの事例は日時がわかりませんから、もう仕上がっているかも知れませんが、後日談を知りたく思いますので、よろしかったら連絡先をお教え願いたいです。 

千葉県松戸市の宮坂さんへ。こちらの投稿をご覧になっておりましたら、是非ともNPO住宅110番(E-mail:home@replan.co.jp)までご連絡、又は後日談をお寄せください。
また、ここに寄せられたご相談へ、読者のみなさんでご意見・アドバイスをいただける方、メールをお寄せください。



まだまだ投稿ページは続きます 新しい記事    古い記事

NPO住宅110番はリニューアルいたしました。
新たに質問がある場合はコチラからどうぞ。

※このページはリニューアル前のもので、回答の中には十数年以上前の情報もございます。技術は日々進歩していますので、その点をご理解の上参考になさってください。